集客率をアップさせる為にお客様の声を聞くにはどうすればよいか

集客率をアップさせるにはお客様の声を聞く!

マーケティングの基本

言うのは簡単ですが、実際行うとなるとノウハウがないと難しい。 マーケティングの知識が有っても、現場で活かすにはどうすればいいのか分からない。 自己流で大失敗する話はよく聞きます。基本的な知識を押さえて、実践することが成功に繋がります。 具体的に分かりやすくお伝えしていきます。

ビジネスが上手く行かなくなると自問自答します

マーケティングとは売れる仕組みを作る事です。PDCAサイクルと基本プロセスはキーワードです。
マーケティングの大家であるピーター・ドラッカーはお客様を良く知り、理解し製品がお客様にぴったりと合って自動的に売れる様にする事と定義しています。
さらに現代マーケティングの神と称されるフィリップ・コトラーはどんな価値を提供すれば、お客様の希望を満たせるかを考え、価値を生み出しお客様に届け利益を上げる事にあると定義しています。
この定義を理解する事が大事になります。
根底に有るのは、商品やサービスが売れる仕組みを作る事に有ります。
まずは、手順が有ります。
第一に、企画して調査する事です。
世間の流行やトレンド調査です。
それが受け入れられるかどうかを検討し、商品やサービスの企画を考えていきます。
第二に販売方法と計画です。
新製品であったり、新サービスをどのようにして売っていくかを考えて販売する方法を考えます。
テレビや新聞やインターネットでの広告やパンフレット作成、販売先のお店などを選びます。
第三に販売促進活動を実施する流れです。
選んだ販売方法を元に、市場で販売されている商品やサービスの売上を上げる方法や認知度を上げ、プランディングしていきます。
消費者が求めているものはなにかを探る事が極めて大事です。
顕在ニーズと潜在ニーズが有ります。
顕在ニーズとは、表面的なニーズの事です。
潜在ニーズとは、本質的なニーズの事です。
顕在ニーズと潜在ニーズの重なる部分が、消費者のどうしても欲しいものとなる可能性が高いです。

マーケティングの基本プロセス

先ほどの3つのステップを基本にしてマーケティングの効果測定や評価を細分化したものが、基本プロセスです。 コトラーはR→STP→MM→I→Cという5つのステップを提唱しています。 Rとは調査の事です。 周囲を見渡して市場調査を行い、環境分析をしていきます。 環境分析とは市場での機会を模索します。

STPとは対象となる市場を決める事です

MMとは設定したSTPを実施する為の戦略を立てるプロセスです。 Iとは実施の事です。マーケティングの組織体制を構築したりします。 Cとはマーケティング活動の効果測定や修正などの管理です。 このプロセスにPDCAサイクルを加える事でより効果が増します。

TOPへ